読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つるまる饂飩 恵比寿店

f:id:rikueri:20130929183956j:plain

f:id:rikueri:20130929183946j:plain

f:id:rikueri:20130929183936j:plain

f:id:rikueri:20130929183917j:plain

f:id:rikueri:20130929183926j:plain

f:id:rikueri:20130929184059j:plain

f:id:rikueri:20130929184044j:plain

f:id:rikueri:20130929184040j:plain

f:id:rikueri:20130929184106j:plain

f:id:rikueri:20130929184051j:plain

f:id:rikueri:20130929184645j:plain

f:id:rikueri:20130929184654j:plain

 JR恵比寿駅徒歩1,2分、早くて安い関西風うどんの「つるまる恵比寿店」。大好きな紅生姜天を検索していて出て来た画像に一目惚れ(笑)途中下車してのお邪魔となりました。オープンは昨年の3月とまだまだ新しく小綺麗な雰囲気は「丸亀製麺」や「はなまるうどん」系の揚げ置き天ぷらやおにぎりが並べられているセルフ式の店作り、入口すぐの冷蔵ケースには缶ビールや冷奴などの小鉢類、まんまと作戦に引っ掛り缶ビール(エビス320円)をトレーに乗せて天ぷらコーナーへと進みます。天ぷらの品揃えはごく一般的な物ですが、唯一の特徴は私の大好きな「紅生姜天(1本100円)」がラインナップされているところ、しかも薄切りの紅生姜を串に刺して揚げた関西ならではのあの紅生姜天とあっては思わず顔がニンマリです。ビールも有る事だしとここは2本を大人買い(笑)うどんはさっぱりと「ざるうどん(280円)」をお願いしました。ちょっと残念なのはうどんが冷凍麺だったこと、目の前で冷凍麺を熱湯に放り込む光景は駅の立食いと何ら変わりません。最後にお会計を済ませ好きな場所で頂きます。エビスビールのお膝元で呑む久し振りのエビスは「旨い!」の一言、同時に紅生姜天をガブっとかじれば、あの独特の酸味が口に広がり至福のひと時、「あっ〜幸せ!」(笑)これが揚げたてだったら何も言うこと御座いません。うどんは可も無し不可も無し、確かに冷凍技術の発達は凄いとは思いますがやはり気分的なものでしょうか。細切りの紅生姜天も良いですが、薄切りタイプの満足度はとても高く申し分有りませんでした。ご馳走さまでした。