読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅見本店

横浜

f:id:rikueri:20140330130245j:plain

f:id:rikueri:20140330130246j:plain

f:id:rikueri:20140330130247j:plain

f:id:rikueri:20140330130248j:plain

f:id:rikueri:20140330130249j:plain

f:id:rikueri:20140330130251j:plain

f:id:rikueri:20140330130250j:plain

f:id:rikueri:20140330130252j:plain

横浜市営地下鉄阪東橋駅徒歩7,8分、創業100年超の老舗角打ち「浅見本店」。「埼玉屋食堂」さんで美味しい朝酒を頂いた後に向かったのはこの界隈では有名な老舗角打ちの「浅見本店」さん、こちらは前々から伺いたいと思っていた角打ちのひとつ、念願叶ってのお邪魔と相成りました。車がビュンビュン行き交う街道沿いに佇むその店舗はまさに「THE・昭和酒屋」、屋根に掲げられた銅板張りの立派な看板は素晴らしいの一言!年季の入った建物をキリッとシメてなんとも堪りません。向かって右半分が呑みコーナー、左側が店舗と完全分離型の角打ち、お昼前というのに既に7,8名の呑ん兵衛が赤ら顔(笑)とても楽しそうにお酒を愉しまれています。店内も外観に負けず劣らずの素晴らしさ、昔ながらの高い天井、飴色に鈍い光を放つ古木の数々、年季の入った木製の看板や神棚等々、ここで思わず深呼吸です(笑)カウンターの中にはキリッとしたご主人、芋のお湯割り(300円)とかっぱえびせん(50円)を頂いて壁際のカウンターへ、昭和の空間とご常連さんの愉しい会話が最高のアテとなり気持ちの良い時間が流れます。この手のお店に長居は無用と1杯で「ごちそうさまです!」「どうもありがとうございました!」と最後まで気持ちの良いご主人、雰囲気のみならず、この接客も人気のひとつでしょう。ご馳走さまでした。

 浅見本店 - 阪東橋/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]