読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士見屋

f:id:rikueri:20140506184547j:plain

f:id:rikueri:20140506184551j:plain

f:id:rikueri:20140506185000j:plain

f:id:rikueri:20140506184550j:plain

f:id:rikueri:20140506184548j:plain

f:id:rikueri:20140506184552j:plain

f:id:rikueri:20140506184546j:plain

f:id:rikueri:20140506184554j:plain

f:id:rikueri:20140506184556j:plain

f:id:rikueri:20140506184557j:plain

f:id:rikueri:20140506184555j:plain

f:id:rikueri:20140506184558j:plain

f:id:rikueri:20140506184602j:plain

f:id:rikueri:20140506184559j:plain

f:id:rikueri:20140506184600j:plain

f:id:rikueri:20140506184604j:plain

f:id:rikueri:20140506184601j:plain

f:id:rikueri:20140506184603j:plain

f:id:rikueri:20140506185001j:plain

f:id:rikueri:20140506184553j:plain

 東京メトロ大江戸線築地市場駅徒歩3,4分、場内唯一の蕎麦屋さん「富士見屋」。そろそろ真牡蠣のシーズンも終了に近づく今日この頃、この日は前々から気になっていた築地市場内の蕎麦屋さん「富士見屋」さんへと向かいます。こちらの店頭に掲げてある季節メニューの「かき南蛮そば(1100円)」、先日、そのなんとも魅力的なビジュアルに勇んで突入したところ「牡蠣は終わっちゃったんですよ〜。」とあえなく撃沈!今回は2度目の挑戦と相成りました。両隣を寿司屋さんに挟まれたその外観はいたって普通の街の蕎麦屋さん、市場を訪れる観光客の方々で興味を示す方をお見掛けする事は殆ど御座いません。店内はカウンター8席にテーブル4卓と程々の広さ、やはり客層は場内で働かれている方々が多いよう、8割程が長靴を履かれています。 嬉しく安心なのはそのお値段、かけそばが550円は完全に街の蕎麦屋さん!場内の飲食店としてはとても良心的なお店でしょう。これから仕事ゆえビールはとにかく我慢がまん(笑)「かき南蛮そば(1100円) をお願いします!」「はい!かき南そばひとつ〜!」オーダーが通りホッと胸を撫で下ろし待つこと10分程、「かき南蛮お待たせしましたぁ〜!」と目の前に供されたそれは、プクッとふくよかでピチピチ肌の牡蠣嬢が5名、もとい5個(笑)深めの丼にたっぷりの出汁、蕎麦の他には長葱に三つ葉、柚子ととてもシンプルな構成ですがそれがまた牡蠣の存在を一層ひき立てて良い感じ、はやる気持ちを抑えて先ずは出汁を頂けば、ほんのりと感じられる牡蠣の旨味に濃すぎない優しい出汁、そこに柚子の香りが加わってホッと一息、いやぁ良いスタートです。細打ちのお蕎麦はやや柔らかめの茹で具合、なんとも街蕎麦らしくて良いじゃありませんか!そしてメインのふくよかな牡蠣さま(笑)思いきってガブッと頂けば口の中にぐわぁぁぁぁぁぁぁ〜っと広がるミルキーな旨味、思わず顔はニンマリです(^^) こうなれば留まることを知らずにガバガバと掻き込んで、残った出汁ズズッと啜って「ふっ〜 (^^)」と大満足!! 他の季節メニュー「生のりそば(800円)」もとても気になるメニュー、是非またお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

富士見屋 (ふじみや) - 築地市場/そば [食べログ]