読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河本


f:id:rikueri:20140606083149j:plain

f:id:rikueri:20140606083150j:plain

f:id:rikueri:20140606083151j:plain

f:id:rikueri:20140606083152j:plain

f:id:rikueri:20140606083153j:plain

f:id:rikueri:20140606083156j:plain

f:id:rikueri:20140606083209j:plain

f:id:rikueri:20140606083207j:plain

f:id:rikueri:20140606083210j:plain

f:id:rikueri:20140606083205j:plain

f:id:rikueri:20140606083208j:plain

f:id:rikueri:20140606083214j:plain

f:id:rikueri:20140606083212j:plain

f:id:rikueri:20140606083216j:plain

f:id:rikueri:20140606083201j:plain

f:id:rikueri:20140606083158j:plain

f:id:rikueri:20140606083206j:plain

f:id:rikueri:20140606083215j:plain

f:id:rikueri:20140606083213j:plain

 

f:id:rikueri:20140606083204j:plain

f:id:rikueri:20140606083202j:plain

f:id:rikueri:20140606083203j:plain

f:id:rikueri:20140606083157j:plain

f:id:rikueri:20140606083200j:plain

f:id:rikueri:20140606083159j:plain

あるオフ会で知り合ったレビュアーさんと「昭和酒場」で呑みましょうと訪れたのは久し振りの「河本」。そのヤレた佇まいは相変わらずの素晴らしさ、あの藍色の暖簾が掛かっていないのが気になりましたが、店内には人の気配、建て付けの悪い引戸に少し力を加えてガラガラと引けば以前と変わらぬ女将さんのお姿とお酒を愉しまれている多くの呑ん兵衛達、そして昭和のまんまの店内、ここで思わず深呼吸 (^^;; 先に着いていたレビュアーさんに合流です。お約束の「ホッピー(400円)」と「煮込玉(300円?)」をお願いすれば何一つ変わらない手際の良さで「はい、どうぞ!」、レビュアーさんと再開を祝してかんぱ〜い!河本特有のぬる目のホッピーはこの緩い雰囲気の中では不思議と違和感ゼロ、美味しく感じてしまうのは何故なのでしょう。脂のたっぷり付いたモツ煮は最高の一言!これがまたぬるホッピーと相性抜群、あっという間に「お代わりお願いしまーす!」「やっこさん小(100円)、しおから(200円)」を追加、マイレビュアーさんは「さらしくじら(400円)、かけじょうゆ(400円)」をオーダーです。奴にしおからを乗せてパクッとすれば不味いはず無く至福のひと時!これまたホッピーが進むくん (^^) さらしくじらは酢味噌を付けて食感を堪能、かけじょうゆは所謂マグロブツ、キャベツの千切りが添えられているのが河本流、河本なら何でも受け入れられます(笑)更にホッピーを追加して久し振りの河本を堪能させて頂きました。ご馳走さまでした。 

河本 (かわもと) - 木場/居酒屋 [食べログ]