読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋 トモ

野毛

f:id:rikueri:20151121185242j:plain

f:id:rikueri:20151121185255j:plain

f:id:rikueri:20151121185123j:plain

f:id:rikueri:20151121185056j:plain

f:id:rikueri:20151121185102j:plain

f:id:rikueri:20151121185113j:plain

f:id:rikueri:20151121185107j:plain

f:id:rikueri:20151121182154j:plain

f:id:rikueri:20151121174038j:plain

f:id:rikueri:20151121174106j:plain

f:id:rikueri:20151121174138j:plain

f:id:rikueri:20151121174236j:plain

f:id:rikueri:20151121182912j:plain

f:id:rikueri:20151121180332j:plain

f:id:rikueri:20151121180353j:plain

f:id:rikueri:20151121180419j:plain

f:id:rikueri:20151121182238j:plain

 JR桜木町駅徒歩5,6分、酒場犇めく野毛の中で好きな酒場のひとつ「居酒屋トモ」さん。この日はイベントの準備が終わってのお疲れさま呑み。後輩と2人で向かったのは呑み仲間から教えて頂いた、年中無休、営業時間が15時から26時と働き者のご夫婦が営む昭和酒場の「居酒屋トモ」さん。「あらぁ、いらっしゃい!いつもありがとね!ありがとね!」と変わらず迎えてくれるお母さん、その言葉と雰囲気にいつもホッと癒されます。お店は賑やかな通り沿いのビルの2階、一見さんはちょっと入り難い雰囲気ですが、少しの勇気を持って木製の引戸をガラガラと引けばお母さんが温かく迎えてくれることでしょう(^^) 店内は厨房を囲む6,7席のカウンターに小上がり2卓のこじんまりして昭和風情漂い良い感じ、後輩と2人、カウンターに着くことが出来ました。いつもトモさんで頂くのは季節の果物や野菜などをミキサーに掛けて焼酎で割る一杯500円の特製の焼酎割り、カウンター目の前には柿、林檎、金柑、オレンジ、メロン、トマト、アロエ等々盛り沢山!迷った末に「柿を!」とお願いすればサッと剥いて、グワァァァァ〜とジューサーに掛け、焼酎を注いだグラスに並々と入れて「はい、お待ちどうさま!ありがとね!」と目の前に。後輩は桃を頼んで、お疲れさまのかんぱーい!当然ですが柿の色した柿割りはさっぱりして口当たりもまろやかで旨いの一言!体に良いと自分に言い聞かせるのは私だけではないでしょう(笑)アテはトモさんでは外せない「ダイコンサラダ 小(450円)」をオーダー、このサラダ、大根が入っていた事がかつて一度も無い不思議なメニュー(笑)この日もいつもの様に6品程のツマミの盛合せ、のんびり呑みながら色々摘めて言うこと無し!トモさんでオススメの一品です。2杯目は「メロン」を頼んでハムカツドウ宜しく「ハムカツ(500円)」を追加、そのハムカツがトモさんらしい8段?重ね&チーズインのめちゃめちゃボリューミーなミルフィーユタイプ、チーズがトロっ〜とはみ出てきてめちゃ旨い(^^) 帰りは「今日もありがとね!ウコン持って行ってね!」と最後まで楽しませて頂きました。ご馳走さまでした。