読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれ 

 

 金沢市片町、昭和ロマンの屋台街「金沢中央味食街」の「すみれ」さん。「金沢にシェアホテルをオープンさせるので一度如何ですか?」とお誘い頂いての金沢詣で、人生2度目の金沢とあって、まるで子供の遠足のようにウキウキワクワク(^^) もちろん頭の中は昭和酒場に昭和食堂、喫茶店のことばかり(笑)それにしても大宮から2時間で着いてしまう北陸新幹線の便利さには驚かされました。3月18日に金沢の観光地・東山ひがし茶屋街のほど近くにオープンした「THE SHARE HOTELS HATCHi 金沢」、築50年程のビルをリノベーションしたその建物は創り手の想い満載で素晴らしいの一言!地下には立派なキッチンも完備したりと、今迄のホテルの概念を超えた様々な取組みは、新しい出会いや繋がり、発見を生むことでしょう。「夜の呑みは片町周辺で決まりだな。。」行きの新幹線の中であれこれと検索すれば何とも魅力的な昭和酒場街「金沢中央味食街」がヒット!もともと初めは床下に移動用の車輪がついた屋台の集まりだった呑み屋街が建物へと変わったそう、20店舗の殆どがトタン張りで、6,7人も入れば満席のこじんまりした広さの呑み屋街は、昭和好きの心をぐぐっと掴みます(^^)それにしてもこの雰囲気は想像以上の素晴らしさ、ヨダレが垂れそうなぐらい魅力的ですね(笑)どのお店も中の様子は窺い知れず、此処まで来れば当たって砕けろ精神で「すみれ」という昭和な店名に惹かれ引戸を引けば「いらっしゃいませ」とお母さんが優しく迎えてくれました。店内は厨房を囲む7席のL字型カウンター、先客は3名のグループ1組のみ、その雰囲気は外観とは裏腹に小綺麗でちょっと腰砕け(笑)焼酎の水割りをお願いして、グループさんとかんぱーい!この様な自然なノリは何とも良い感じ、「地元ですか?」「東京からなんですよ」「じゃぁ・・」とお母さんも入っての楽しい会話の始まり〜 、なんか良い雰囲気です!お通しの大根煮は優しい味付け、お新香をお願いして焼酎を追加すれば、「これ美味しいから食べてみて!」とお母さんから茶豆の差入れ、この茶豆、味が濃くて旨いの一言!「旨いですねぇ」との言葉に「でしょ」と笑顔のお母さん、めちゃ癒されるわ〜 (^^) 楽しい会話も仲間が合流との信号を受信、「ではそろそろ。。」「金沢いっぱい楽しんでいってね」「ありがとうございます!」金沢に再訪の際はまたお邪魔させて頂きます。ご馳走さまでした。

 

www.thesharehotels.com

 

金沢市 昭和ロマンの屋台街 金沢 中央味食街