翁そば

浅草は六区通りより少し入った日本そば屋さん「翁そば」。どこの街にも一軒は有る家族経営の良い意味でこじんまりとしたおそば屋さんです。テーブル席だけでなく、小上がりが有るのが歴史と風情を感じます。味は失礼ながら普通のおそばと言いますかそれが当たり前です。何処にもあるただの近所のおそば屋さんですから。かけ、もり共に400円からと価格も普通。それでもなぜか時々足を運びたくなるのはお店の方々の心のこもった温かみのある接客の所以です。本日頂いたのは海苔がタップリとかけられた「花巻きそば」。花巻そばが誕生したのは江戸・安政年間(1772-81)の頃、写真の通り海苔を「磯の花」として例えた事から名付けられたそうです。有名な古典落語の「時そば」にも登場します。そもそも蕎麦粉を麺の形態に加工し始めたのは16世紀末から17世紀初頭との事、日本人にとっては切っても切れない食べ物の一つでしょう。翁そばの麺は日本そばには珍しい太めの平べったい麺です。並み盛りでも丼ぶりいっぱいに入り、大満足です。「お冷、汲みましょうか。」「雨の中、わざわざお越しいただいて有難うございまーす。」今日も本当に気持ち良くお店を後にしました。ごちそうさまでした。

翁そば

食べログ翁そば