高木屋老舗















京成線柴又駅より徒歩2分程、草だんごの老舗「高木屋老舗」さん。柴又と言えば、映画「男はつらいよ」の主人公・フーテンの寅こと車寅次郎の生まれ故郷。初めての柴又詣でゆえ、まずは映画で寅次郎のおいちゃん、おばちゃんが経営するだんご屋のモデルとされているお店でもあり、柴又での撮影時には休憩所としても使われていた草だんごの老舗「高木屋老舗」さんで景気付けの一杯をとお邪魔した次第です。「高木屋老舗」さんは参道を挟んで主には販売用のお店と飲食用のお店、2店舗が建っておりかなりの大きさ、飲食に関しては入口で食券を購入してから入るシステム、ちょっと風情には欠けますが観光客が多いゆえ仕方の無いことかもしれません。「瓶ビールとおでんに草だんごをお願いします!」「えっ、おでんですか・・おでんはまだ煮えていないんですよ、ごめんなさいね。」「そうですか・・ではおでんは結構です。」考えてみれば時刻は午前9時、お店が開いたばかりで私が口開けの客のよう、おでんが煮えていないのも仕方ありません。お昼に間に合えば十分ですからね(笑)店内はかなりの広さで大きな甘味処と言った感じです。壁には映画所縁の写真の数々、お好きな方はこれを見に行くだけでもかなりの価値が有ると思われます。それにしても朝ビールの美味しさは格別、しかも麒麟ラガーとは嬉しい限りです。アテが草だんごと言うのもご愛嬌、ウイスキーにチョコレート、瓶ビールに草だんご、大して変わりはありません(笑)名物の草だんごは 米は特選「コシヒカリ」と新芽を摘んだ筑波山麓の「よもぎ」、餡は十勝産の一級の小豆と拘りの逸品、とても上品な甘さで美味しいですね。昭和風情漂う良い雰囲気の中での贅沢な朝食となりました。ご馳走さまでした。

高木屋老舗

食べログ高木屋老舗