読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチゴー

f:id:rikueri:20140209112928j:plain

注、現在はオール200円です

f:id:rikueri:20140209112944j:plain

f:id:rikueri:20140209112951j:plain

f:id:rikueri:20140209113156j:plain

f:id:rikueri:20140209112959j:plain

f:id:rikueri:20140209112936j:plain

f:id:rikueri:20140209113146j:plain

f:id:rikueri:20140209112553j:plain

f:id:rikueri:20140209112615j:plain

f:id:rikueri:20140209112350j:plain

f:id:rikueri:20140209113257j:plain

f:id:rikueri:20140209113651j:plain

f:id:rikueri:20140209113249j:plain

f:id:rikueri:20140209113451j:plain

f:id:rikueri:20140209113622j:plain

f:id:rikueri:20140209113637j:plain

f:id:rikueri:20140209113443j:plain

f:id:rikueri:20140209113310j:plain

f:id:rikueri:20140209113423j:plain

f:id:rikueri:20140209113629j:plain

f:id:rikueri:20140209113429j:plain

f:id:rikueri:20140209113803j:plain

f:id:rikueri:20140209113644j:plain

f:id:rikueri:20140209112600j:plain

f:id:rikueri:20140209113317j:plain

f:id:rikueri:20140209113118j:plain

f:id:rikueri:20140209112550j:plain

f:id:rikueri:20140209112412j:plain

f:id:rikueri:20140209112409j:plain

f:id:rikueri:20140209112357j:plain

f:id:rikueri:20140209113127j:plain

東京メトロ淡路町駅徒歩2,3分、懐優しいパラダイス酒場の「イチゴー」。神田呑みニストのマイレビュアーさんから「安くて愉しい良い酒場ですよ、一度是非!」とご紹介頂いて早数ヶ月、ようやく念願叶ってのお邪魔となりました。この日はレビュアーさんと待合せ、先ずは大好きな「藤田酒店」で喉を潤して、いざ「イチゴー」へと住所を頼りに向かいます。テクテク歩くこと5,6分、そろそろこの辺りかと思っていると、目に留まったのは老舗酒場の「みますや」さん、ん〜こちらも未訪で捨て難いところ、一瞬心がぐらつきましたがが目的の「イチゴー」さんは何とお隣(笑)道路に面した壁一面に大きく「オール150円 酒つまみ」(注、現在はオール200円です) との表示と沢山のメニューの短冊、全てが黄色の紙に黒で書かれてインパクト大、置き看板の「男は黙って呑む」というフレーズも良い感じです。入口をと探せば脇から入るよう、そこに有るのは何と鉄扉の扉、「立ち呑みワンダーランド イチゴー」との表記が無ければこれはただの勝手口です(笑)まるで昔の団地の扉のようなそれを開ければいきなり耳に入る80年代のディスコ&ソールミュージックにキラキラ回るミラーボール、思わずステップを踏んでしまいそう、なんなんでしょうこの酒場は(笑)良く良く拝見すれば天井の照明には手作りのフィルターが着けられ柔らかい光へと手を加える気の使いよう、こんな所に感心しきりの私です。店内は相当数の呑ん兵衛が受け入れられる結構な広さ、オーダーは奥のカウンターでキャッシュオンデリバリー、無論片付けも全て自分達で行います。「熱燗、コハダ 、かぶの漬物、魚の煮付け」をオーダー、本当にその全てが150円、肝心の味はと言えばどれもが全く不満の無いレベル、煮付けにいたっては中々のレベルの高さです。お隣のお父さんは酔いが回って80年代ヨロシク軽やかなステップさばき!踊りながらカウンターへと向かいます(爆) 「鳥焼き、鯖焼き、熱燗」を追加すればこれも150円!(注、現在はオール200円です) と驚く程ボリューミー、もちろん味も申し分ありません。呑んで食べてお腹はパンパン大満足!後で分かりましたがミラーボールは常連さん達のご要望だったそう、その実現の為にと募金箱で資金を集め、それが実現したとのこと、温かい良いエピソードですね!お暇しようと鉄扉に向かえば「また明日呑もう」との力強いお言葉、この価格なら明日も呑めるぞー!!ご馳走さまでした。

 http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13155155/