読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の出中華

f:id:rikueri:20140420184647j:plain

f:id:rikueri:20140420184659j:plain

f:id:rikueri:20140420184658j:plain

f:id:rikueri:20140420184703j:plain

f:id:rikueri:20140420184654j:plain

f:id:rikueri:20140420184643j:plain

f:id:rikueri:20140420184656j:plain

f:id:rikueri:20140420184657j:plain

f:id:rikueri:20140420184701j:plain

f:id:rikueri:20140420184702j:plain

f:id:rikueri:20140420184638j:plain

f:id:rikueri:20140420184637j:plain

f:id:rikueri:20140420184636j:plain

f:id:rikueri:20140420184635j:plain

f:id:rikueri:20140420184653j:plain

f:id:rikueri:20140420184646j:plain

f:id:rikueri:20140420184648j:plain

f:id:rikueri:20140420184633j:plain

f:id:rikueri:20140420184651j:plain

f:id:rikueri:20140420184650j:plain

f:id:rikueri:20140420184634j:plain

f:id:rikueri:20140420184649j:plain

f:id:rikueri:20140420184632j:plain

f:id:rikueri:20140420184631j:plain

f:id:rikueri:20140420184630j:plain

f:id:rikueri:20140420184644j:plain

f:id:rikueri:20140420184629j:plain

f:id:rikueri:20140420184642j:plain

f:id:rikueri:20140420184628j:plain

f:id:rikueri:20140420184641j:plain

f:id:rikueri:20140420184639j:plain

 昭和風情残る大久保の街、この日は呑み食べOKの便利中華「日の出中華」に後輩2人と久し振りのお邪魔です。戸を開ければ「いらっしゃい!」とキビキビ働き者のお母さんがお出迎え、 煌々と蛍光灯の灯った店内はとても明るく健康的(笑)何一つ変わらない雰囲気にホッとして席に着きました。可愛い後輩は少し遅れるとのこと、先に軽く一杯と「瓶ビール(大瓶550円)、もやしナムル(280円)、木耳玉子炒め(?)」をオーダーして呑んだくれオヤジ二人で寂しくかんぱーい(笑)瓶ビールは麒麟、アサヒ、サッポロを完備する素晴らしさ、呑ん兵衛の心を満たします。おっと、忘れちゃいけない「ヘパリーゼの錠剤」もビールで投下!これも最近手放せない一品、いつ迄効いてくれるかな?慣れた時が恐ろしや(笑)もやしナムルはシャキッとさっぱり間違いの無い一品、木耳玉子炒めはコリコリの木耳たっぷり、味付けバッチリでビールが進む君、お酒は直ぐに「ホッピーセット(380円)」へとチェンジ、可愛子ちゃんが来る前に秘密の話で盛り上がります (^^;;  程なくして主役の可愛いお姉さんの登場〜、諸々の気持ちを込めて改めてかんぱーい!ここからが本格的なスタートです。「ハムカツ(300円)、焼餃子(350円)、お新香(200円)」を追加、ハムカツは可愛子ちゃん大好きな一品、程よい厚さとサクッと感が良い感じ、ぽぱいさんよろしくソースでハム書道に挑戦しますが相変わらず上手く書けません(笑)焼餃子はかなり良い具合に焼き色が付いた餃子が6個、お野菜たっぷり系の優しいお味、何も付けずに頂いてもOK牧場!毎度まいどオヤジギャグが冴えています (ー ー;) お新香は白菜のみですがてんこ盛り盛りでとても良い箸休め、それにしてもこちらのお母さんの働き具合は凄いの一言、フロアを行き来していたかと思えば厨房で皿洗い、止まるという言葉を知らないお母さん、結構なお年とお見受けしますが、そのとんでもないバイタリティと物腰柔らかい接客は若輩者の私達には刺激ビンビン、その気持ち、酔っ払って忘れない様に気を付けます(笑)エンジン掛かった3人衆は「イカフライ(350円)、鮭カマ(250円)」を追加、イカフライは大きなフライが2本、食べ易く4つずつに切られて、プリッとサクッとイマイチ記憶薄 (^^;; 、鮭カマはこの日の特別メニューでしょうか、ホワイトボードに書かれた気になる一品、お母さんが「サービスしといたからね!」と耳打ちして運んで来たそれは見るからに脂が乗った美味しそうな切り身がふた〜つ! 一口頂いたその瞬間に「お母さん、小ライスも!」との大きな声に後輩2人は苦笑い (ー ー;) 、私の声ってそんなに大きいのかな?鮭カマ&ライスは夢のコラボレーション、個人的にはとても良い〆となりました。「日の出中華」さん!いつ迄もこの雰囲気、この接客、この味の良さを続けて頂きたいと思います。ご馳走さまでした。