読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぶらや

海老名

f:id:rikueri:20151030173924j:plain

f:id:rikueri:20151030173931j:plain

f:id:rikueri:20151030173900j:plain

f:id:rikueri:20151030173848j:plain

f:id:rikueri:20151030173837j:plain

f:id:rikueri:20151030171956j:plain

f:id:rikueri:20151030171735j:plain

f:id:rikueri:20151030171709j:plain

f:id:rikueri:20151030171730j:plain

f:id:rikueri:20151030171716j:plain

f:id:rikueri:20151030171703j:plain

f:id:rikueri:20151030171648j:plain

f:id:rikueri:20151030171906j:plain

f:id:rikueri:20151030171814j:plain

f:id:rikueri:20151030172046j:plain

f:id:rikueri:20151030171842j:plain

 相鉄線海老名駅徒歩6,7分、地元呑ん兵衛オヤジ御用達の角打ち「あぶらや」さん。仕事で海老名駅に初訪、海老名と言えば東名高速のサービスエリアでしかお邪魔したことがない地、折角の初訪ゆえにとお約束の角打ち探しをすればこちらの「あぶらや」さんがヒット!角打ちのスペシャリストのマイレビュアーさんはさすが心強いお方、どうもありがとうございます(^^)こちらの角打ちは入口が別々になった店舗併設型の角打ち、建物は建て替えられたのでしょう、立派なタイル張りの鉄筋の建物ですが「気軽で安い、立ち飲み」との赤提灯に「立ち飲み処」との明かりの灯った看板がなんとも良い雰囲気、呑ん兵衛を「おいで〜おいで〜」と遠くから誘っています(笑)ガラガラとアルミの引き戸を引いてお邪魔すれば、先客はなくお母さんが「いらっしゃい!」と迎えてくれました。店内は6帖程の広さ、壁一面に飲み物や食べ物のメニューがとても綺麗に並べられ、酒屋と繋がる窓口周りにお約束の缶詰やスナック菓子、掃除も行き届き清潔感溢れる角打ちです。サッポロの大瓶をお願いして、目に止まったかっぱえびせんをもらい、ひとりかんぱーい!大瓶370円は角打ち価格で嬉しい限り、久し振りのかっぱえびせんは昔のCM通り、やめられない!止まらない!(笑)ボロボリ頂きながらサッポロを愉しみ、まったりとした時間を過ごさせて頂きました。ぽつぽつとご常連さんが集合、「ご当地名産、特別純米酒(330円)」に後ろ髪を引かれながらも次のお店へとあとにしました。ご馳走さまでした。

tabelog.com