読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵野園

京王井の頭線西永福駅徒歩14,5分、和田掘公園内の釣り堀食堂「つり堀 武蔵野園」。釣り堀は生まれてこのかた数回のみのど素人(^^;; この日は併設の昭和な食堂を目当てに西永福駅からのんびり歩くこと15分程、公園内に小川が流れ池も有り、杉並区郷土博物館も有る和田堀公園は駅から遠く地味な存在ながら自然溢れる良い公園、「あの写真で見た昭和な香りの武蔵野園は。。」とウキウキしながら向かったものの、目の前に現れた武蔵野園のその外観は、まさに真っ赤な要塞そのもの。。「なんじゃこりゃ!!」。。それはなんと表現していいのやら、真っ赤な板で取り囲まれた鳥籠のよう(笑)楽しみにしていたのに、ちと気落ちです。。しかしながら折角の武蔵野園詣で、店内へとお邪魔すれば嬉しいことに中までは手付かずで昭和の空気が漂い良い感じ(^^) 正面向かって右手は厨房スペース、左手がテーブル数卓の呑み食いスペース、壁には数え切れないほどのサインの数々、その殆どが灼けて茶色く変色しています(笑)メニューを拝見すれば麺類、飯類、定食メニューにプラスしてつまみ類と完全に呑める食堂のラインナップ!もちろん酒類もビール、ホッピー、サワー類、ウイスキー、日本酒とバリエーション豊富、やっぱり来て良かった(笑)なにはともあれ乾いた喉を潤そうと「白ホッピーセット(450円)」をお願いして、ひとりかんぱーい!アテには「田楽(350円)」をオーダー、甘めの味噌ダレは子供の頃、田舎で祖母が作ってくれた田楽を思い出させる懐かしさ、昭和な雰囲気と相まってなんとも良い感じです。ナカをお代わりしながらのんびりと愉しませて頂きました。釣り堀せずとも十分楽しめる武蔵野園さん、ご馳走さまでした。 

tabelog.com