読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅草志乃多寿司

f:id:rikueri:20130720110931j:plain

f:id:rikueri:20130720110929j:plain

f:id:rikueri:20130720110930j:plain

f:id:rikueri:20130720110928j:plain

 

f:id:rikueri:20130720111130j:plain

f:id:rikueri:20130720111129j:plain

f:id:rikueri:20130720111127j:plain

f:id:rikueri:20130720111219j:plain

f:id:rikueri:20130720111218j:plain

f:id:rikueri:20130720111217j:plain

f:id:rikueri:20130720111216j:plain

f:id:rikueri:20130720111215j:plain

f:id:rikueri:20130720111128j:plain

地下鉄浅草駅徒歩5,6分、稲荷寿司とかんぴょう巻の老舗「志乃多寿司」さん。恒例のひとり愉しや休日散歩で浅草にお邪魔、四ツ谷での青空ビールがとても気に入りこの日も頭の中は朝から青空ビール、アテはと探せば浅草にも有る「志乃多寿司」さん、これはお邪魔せねばと駅を降りて直行です。建物は建て替えられており昭和風情豊かとはいきませんが、真っ白でシンプルな清い暖簾とファサードの上の看板が老舗然とした雰囲気を醸し出してとても良い感じです。アルミの引戸を引いて店内へとお邪魔すれば直ぐにガラスケースのカウンター、こちらも四ツ谷の「志乃多寿司」さん同様扱うのは稲荷寿司とかんぴょう巻の2種類のみ、この2つだけで長く商売されているとは素晴らしいの一言です。寿司屋のようなカウンターの中には何代目に当たるのでしょうか、比較的お若いご主人とお母さんのお2人、軽く摘まむ程度にと「まぜ7つ(かんぴょう巻4つ、稲荷寿司3つ、590円)」をお願いしました。 オーダーしてからお揚げにご飯を詰めたり、かんぴょう巻を巻いたりと出来たてを出してくれる有難さ、折に詰めて「横にしないでこのままで持って下さいね!」と渡してくれました。角打ちの四方酒店さんで缶ビールを購入し、向かうはもちろん隅田川を望む隅田公園、水上バス吾妻橋を眺めながらプシュと開けてグイッと呑めば至福のひと時、青空ビールは最高です。包を開ければローマ字での店名表記、このような対応をされるとはお若いご主人ならではのアイデアかも知れません。かんぴょう巻も稲荷寿司も下町らしく比較的濃い目の味付け、甘辛いかんぴょう巻とビールの相性は抜群、滴り落ちるぐらいに煮汁たっぷりの稲荷寿司に先程のお母さんの言葉の意味が良く分かりました。それにしても何だか懐かしい味、流れる川を眺めながらとても癒されるひと時を過ごす事が出来ました。ご馳走さまでした。 

浅草志乃多寿司」食べログ