読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大衆鳥酒場 鳥椿

f:id:rikueri:20131104113103j:plain

f:id:rikueri:20131104113055j:plain

f:id:rikueri:20131104113048j:plain

f:id:rikueri:20131104113211j:plain

f:id:rikueri:20131104113219j:plain

f:id:rikueri:20131104113040j:plain

f:id:rikueri:20131104113032j:plain

f:id:rikueri:20131104113203j:plain

f:id:rikueri:20131104113810j:plain

f:id:rikueri:20131104113910j:plain

 

f:id:rikueri:20131104114246j:plain

f:id:rikueri:20131104113325j:plain

f:id:rikueri:20131104113335j:plain

f:id:rikueri:20131104113454j:plain

f:id:rikueri:20131104113444j:plain

f:id:rikueri:20131104113148j:plain

f:id:rikueri:20131104113341j:plain

f:id:rikueri:20131104113617j:plain

f:id:rikueri:20131104113627j:plain

f:id:rikueri:20131104113636j:plain

f:id:rikueri:20131104113755j:plain

f:id:rikueri:20131104113752j:plain

f:id:rikueri:20131104113806j:plain

f:id:rikueri:20131104113803j:plain

f:id:rikueri:20131104113646j:plain

f:id:rikueri:20131104113656j:plain

f:id:rikueri:20131104114020j:plain

f:id:rikueri:20131104114010j:plain

f:id:rikueri:20131104114001j:plain

f:id:rikueri:20131104113902j:plain

f:id:rikueri:20131104113859j:plain

f:id:rikueri:20131104114033j:plain

f:id:rikueri:20131104114029j:plain

f:id:rikueri:20131104114145j:plain

f:id:rikueri:20131104114135j:plain

f:id:rikueri:20131104114126j:plain

f:id:rikueri:20131104114116j:plain

f:id:rikueri:20131104114255j:plain

f:id:rikueri:20131104113156j:plain

地下鉄田原町駅徒歩5分程、創意工夫に満ちた面白酒場「大衆鳥酒場 鳥椿 雷門一丁目店 」。先日お邪魔した鶯谷の「鳥椿」さん、その系列店が大好きな街、浅草に有ると知っては伺わなければなりません(笑)実は先日マイレビュアーさんと浅草で呑んだ際、最後の1軒にと22時頃お邪魔したところ、料理が売切れとの事で残念ながら閉店準備の真最中、この日はリベンジと相成りました 。後輩と土曜の午前11時にお邪魔、Pさん、ひと足お先にごめんなさい。国際通りから路地を入った所に静かに佇む「鳥椿」さん、店先に10名程が並んでいる光景に「えっマジ?」と一瞬驚きましたが、その行列はお隣の天ぷら屋さんの開店待ちの行列、結構な有名店のようですね。店舗は鶯谷同様に居抜きのよう、あちら程ヤレてはいませんが、酒場としての風情は既に確立されています。「朝呑み昼呑み大歓迎」と書かれた看板に歓迎されながらお店にイン、先客は無く男性スタッフ2名が仕込みの真最中、カウンター6席に小上がり2卓とテーブル3卓の程良い広さ、鶯谷同様に壁一面にズラッと短冊メニューが並んでいます。後輩は少し遅れるとのこと、「瓶ビール(500円)、おろしポン酢(100円)、刺身はんぺん(150円」をオーダーして先にヤらせて頂きます。瓶は大好きなサッポロの黒ラベル、昼ビールの美味しさは何とも堪りません。おろしポン酢は先日頂いてお気に入りの逸品、白ポン酢がサッパリとビールがススム君、刺身はんぺんはちょこっとワサビを乗せてピリッと良い感じです。程なくして後輩が到着、乾杯をして「レバ焼き(250円)、ハツ焼き(250円)」を追加、手や空気に触れる時間を少なくして美味しく提供する為に串で無くお皿での提供との事、また一人で沢山の種類が頂けるように1皿に半分ずつ2種類もOK、更に50円足せば3種類と、とても有難いシステム、さすがですね。レバは鳥特有のねっとり感が堪らない美味しさ、ハツも旨味十分で甲乙付け難い素晴らしさ、この250円は十分価値の有る逸品です。ここで「メガホッピーセット(590円)」にチェンジ、鶯谷と異なりホッピーは通常のセットとメガの2パターン、鶯谷店は大中小の3パターンです。「はい!どうぞ!」と共されたジョッキは「あれ〜 これがメガ?鶯谷だとこの大きさは中だよね?」「ええ、浅草はこれがメガなんですよ。」価格は同じ590円ですが共されたジョッキの大きさは鶯谷店で490円の中ジョッキ、メガと書いて有るのに何だか寂しい感じです。スタッフの方の勘違いだったら良いのですが・・気を取り直して入れ放題の金宮を後輩にお願いして私は撮影係り、気が付いたらあと1㎝で溢れるところ「おいおい、お願いしますよ〜」殆どホッピーが入らない状況(笑)チビチビと頂く事にします。後輩はチンチロリンに挑戦!3-6の奇数で倍額の大ジョッキ、どうやら先程のバチが当たったよう、さっぱりと「梅きゅうり(150円)」を頂きながら2人でチビチビと愉しませて頂きました。ちょっと残念な事も有りましたが、やはり面白い酒場、予約可能とお聞きしたので数名で伺うのも盛り上がって良いかも知れません。ご馳走さまでした。

 「大衆鳥酒場 鳥椿 雷門一丁目店 - 田原町/鳥料理 [食べログ]