読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若月

新宿

f:id:rikueri:20140502175730j:plain

f:id:rikueri:20140502175555j:plain

f:id:rikueri:20140502175508j:plain

f:id:rikueri:20140502175756j:plain

f:id:rikueri:20140502174051j:plain

f:id:rikueri:20140502174033j:plain

f:id:rikueri:20140502174018j:plain

f:id:rikueri:20140502174147j:plain

f:id:rikueri:20140502173957j:plain

f:id:rikueri:20140502174001j:plain

f:id:rikueri:20140502174104j:plain

f:id:rikueri:20140502174223j:plain

f:id:rikueri:20140502174215j:plain

f:id:rikueri:20140502174348j:plain

f:id:rikueri:20140502180015j:plain

新宿駅徒歩2,3分、創業50年超、思い出横丁の老舗ラーメン店「若月」。新宿にて仕事が終了、あまり呑む気分でも無いので(笑)軽くビール & 焼きそばでもと、前々から気になっていた思い出横丁の「若月」さんにお邪魔です。最近は海外からの観光客も大勢訪れるようになった思い出横丁、観光地化した感じは否めませんが、その雰囲気はやはり魅力的、昭和好きの心を擽ります。数あるお店の中程に位置する「若月」さん、嬉しいことに通路際の焼き台前の特等席に着くことが出来ました。瓶ビール(大瓶570円)をお願いすれば嬉しいことに麒麟ラガー、以前は赤星だったのかな?まぁどちらも大好きなビールなので全く問題御座いません (^^) アテは憧れの「焼きそば(400円)」をオーダー、と同時にお父さんが予め炒められたソバの山から一人前を鉄板の中央に取り分けてジャージャーと炒め開始です。先ずはもやしを投下、ジャージャージャー、次にキャベツを投下、ジャージャージャー、そして仕上げのソースを投下してジャージャージャー、小皿にこんもりと盛付けて紅生姜を乗せれば憧れの焼きそばの出来上がり〜、「薄かったらソースかけてくださいね」とソースを添えてくれました。その焼きそばはもっちりとした太麺が何とも良い感じ、薄味と仰る方もいらっしゃいますが私にはちょうど良い塩梅、ラガーとの相性も抜群です。僅かな時間では有りますがのんびりと愉しませて頂き大満足の「若月」詣でとなりました。ご馳走さまでした。 

 若月 (わかつき) - 新宿/ラーメン [食べログ]